So-net無料ブログ作成

competi.jpg

白髪用カラートリートメント【マリアンナプラス 煌髪(キラリ)】


前の2件 | -

煌髪(キラリ)がバージョンアップしてますね! [煌髪 ヘアカラートリートメント]

すいません・・・
うっかりしてましたがw


煌髪(キラリ)がバージョンアップしてますね!
ユーザーさんからの要望の声に対応したみたいです。

→ 白髪用カラートリートメント【マリアンナプラス 煌髪(キラリ)】


髪のツヤやハリを養う機能については好評で、もっと染める力を強めて欲しい、との要望が強かったようです。
で、バージョンアップ完了してますね。

白髪染めやヘアカラーの商品で、バージョンアップするって、あんまり聞いいたことがありませんね。
やはり内側から染めるという基礎技術がしっかりしているので、調整次第で、パワーアップも可能という、まあそんなところなんでしょうね。

あと気がつかなかったんですがこれまでは弱酸性じゃなかったんですねw
髪や頭皮に優しいので、当然、弱酸性だと思っていた!

あとこれまでもアルコール分も含まれていたんですね。
まあここらへんは、学者の先生方がやることなので、害のない程度だったんだと思いますが、最近のコスメとかヘアケアアイテムのユーザーはアルコールには敏感ですからね。


ということでマリアンナプラスの煌髪(キラリ)、パワーアップしてますので、もしも旧バージョンのものに満足していないのなら、再度おためし利用という手もありますね。



マリアンナ煌髪(キラリ) [煌髪 ヘアカラートリートメント]

マリアンナ煌髪(キラリ)。

意外にも他の競合商品と比べて、売れ行きトップの座は多少商品に譲っているとのこと。


どうしてなのかな・・・


染め方は、他の白髪染めヘアカラートリートメントやシャンプーがほとんどすべて毛髪の外側に染料を付着して染めるタイプですが、キラリ煌髪は髪の毛の内側にアプローチして染めるスタイル。
堅い堅いいわゆるキューティクルの繋ぎ目を緩くする技術が施されているわけです。

(かと言って酸化染毛剤のように薬品で臭くて、というのとは違います)


全くのオンリーワンと言ってもいいのではないでしょうか。


でもなんだかイマイチ、トップに出てきていないそうです。


どうしてか考えましたが、他の商品は植物性の成分を徹底的にアピールしています。
そんなものが入っていても染まりが良くなるわけではないのに。


で、煌髪に入っていないのか?というと、たっぷり配合はされています。
ちょっとアピールポイントとして押し出していないだけw



煌髪、もっと試してみたほうがいいと思うけどなw




前の2件 | -



医大発“髪を育む”白髪染め「煌髪(キラリ)」。シャンプー前の10分早染め・手袋要らず!





RSS RSS1.0 | RSS2.0


煌髪のTOPへ戻る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。